デトックス!?


デトックス(Detox)というと巷では、足裏デトックスや肝臓デトックスなどいろいろな種類があります。
ピーリングもデトックス(Detox)を促す1つの方法 といえます。



お肌のピーリング
通常肌は1ヶ月程度のサイクルで新しい肌を生成し、古い肌を老廃物として汗や尿・便により排泄します。
ところが、なんらかのトラブルで古い角質として残ってしまうことがあります。
その古い角質がしみなどになるのです。
ピーリングとは古い角質をフルーツ酸等により取り除くことを指します。
これもDETOXと言えます。

 

 

ピーリングとは、肌表面の不要な角質層を除去する治療法です。
不要な角質を除去することで、身体が本来持っている機能であるターン・オーバー(皮膚の新陳代謝)を促進し、美白・美肌への効果を発揮します。

又、ピーリングによって、新しい肌に生まれ変わり、柔軟性のある角質層が出来るので、ピーリング後の肌は薬剤の吸収が良くなっています。

ハイドロキノンはホワイトニングというよりブリーチング感覚の美白成分である。欧米で美白と言えばハイドロキノンが主流である。日本では医薬品成分としてのみ活用されており、シミの治療薬として多くの美容・形成外科、皮膚科で高濃度のものが処方されていた。2001年の薬事法改正で化粧品に配合することが可能になった。原料として非常に不安定で、皮膚への刺激が強いのが欠点。安定な改良製品も市販化されているが、肌の弱い人には注意が必要。皮膚科ではシミの治療に、レチノイン酸とハイドロキノンが使用されるが、両方の併用により、メラニン生成を更に強力に抑える事ができる。
デトックスは、しっかり水分補給をすることが大切です。

なぜなら水分をたっぷり補給することで、 水溶性の毒素を肝臓・腎臓・汗腺から洗い流してくれるからなのです。

水道水でも加熱することで無害化できるので、 加熱した水やお茶を取り置きして毎日飲むのも大変効果的なのです。


デトックスは健康や正しいダイエット意識の高いハリウッドやセレブの間でいまや常識。
体内毒素を取り除き、体内環境を取り戻すダイエット健康の新しい方法です。

 



デトックス 関連

デトックスは、脳や体の脂に溜まった有害金属を排除する・・・毒素排出(デトックス)ことが大切です。

有害金属について、解説します。
主に、アルミニウム・鉛・ベリリウム・ニッケル・砒素・カドミウム・スズ・水銀があげられます。

また、適度な運動がデトックス効果もたらします。糖尿病を予防するだけでも、アルミニウムの排泄作用を促進し肥大を防ぐことから、脂肪への有害ミネラルの蓄積を防ぐのです。


デトックスは健康や正しいダイエット意識の高いハリウッドやセレブの間でいまや常識。
体内毒素を取り除き、体内環境を取り戻すダイエットや健康の新しい健康哲学でもあるのです。





NEW!!   肝臓デトックス








真夏のデトックス


インド洋の海水温度が1〜2度下がると日本は猛暑になります(過去の猛暑の年がそうでした) 。
猛暑は、水分がどんどん汗として失われ、同時に必須ミネラルもでてしまいます。
が、脂肪に蓄積された有害金属は、水分や必須ミネラルほど融解して排出できるわけではありません。

暑い時こそ、適切な水分・栄養の摂取が望まれます。
エアコンの環境は快適と感じることもありますが、
体の適応力を下げ、体力をじりじりと奪うこともあります。

【エアコンが代謝を下げる】
エアコンに当たりすぎると外の気温との差が激しく汗が出ににくくなることで
代謝が下がり、逆に老廃物を下げてしまいます。

昔の人はエアコンがなく過ごしてきました。
そこには祖先の知恵が凝縮されています。

現代の技術と昔ながらの知恵を取り入れた暑さ対策。
避暑を取り入れましょう。

真夏のデトックスアイテム特集

もし、夏バテにより体調を崩すと、
有害金属をより溜め込み、ダイエットができなくなるなんてこともあります。
夏こそ、適度な涼を得て、必要な栄養を補うことで適切なダイエットが行えるのです。

デトックスは適切なダイエットの第1歩なのです。


猛暑で家に籠りっきりになる方も多いようです。
籠ってエアコンの環境に身をおいていると、代謝が下がります。


免疫不全気味に!?

代謝が悪くなるので、免疫は衰えていきます。
かくいう私も、喉をやられて3週間もゼコゼコしていました。


肥満傾向が多数いる!?

代謝が下がるともう一つ顕著に現れるのが肥満です。
ストレッチなど軽度の運動でも毎日続けていると違うのですが、
代謝が下がるだけで、ついつい運動もしなくなりがち・・・

アイソメトリックトレーニングを取り入れる

静的運動(等尺性収縮)を意味するアイソメトリックトレーニングです。

    ☆胸のアイソメトリックトレーニング
  1. 胸の前で影絵の犬を作るように両手の平を合わせて握ります。(もしくは合掌します)
  2. 手を胸の前に構えて、ひじを横につっぱります。
  3. 両方の手を思いっきり押し合って8〜12秒間維持してください。
    ☆広背筋のアイソメトリックトレーニング
  1. 両手の親指を除く4本指をかぎにして旨の前で組みます。
  2. ひじを横に突っ張って構えます。
  3. 肩甲骨を寄せるようなイメージで外側に向けて思いっきり引っ張りながら8〜12秒間維持してください。
    ☆腕のアイソメトリックトレーニング
  1. 両手首の脈を測るところをあわせます。
  2. 下になっている方の腕の上腕部分が体と平行になるように引いて構えます。
  3. 下の方の手を力瘤を作るよう力を入れて、反対の手で逆向きに押さえます。
  4. 両腕とも目いっぱい力を入れた状態で8〜12秒維持してください。


この流れを3セット続けて行います。

少し運動した気分になるだけではなく、体の代謝も良くなります。
他の運動と比べて血液循環は少ないですが、
負荷は大きく筋力維持による普段の代謝を改善することに期待できます。
※参照サイト



脂肪対策については他に選択肢の1つとして

という方法もあります。
参考までにご覧になられてはいかがでしょう。



 適切なダイエットは遺伝子の傷を修復するたんぱく質の量を増やすことを、浜松医科大と三菱化学生命科学研究所(東京都町田市)がラット実験で突き止めた。遺伝子の傷は老化やがんなどの原因になりうる。老化防止を探る糸口として注目される。23日発行の欧州の専門誌に掲載される。

  過去の動物実験では、適度に食事の量を抑えると長生きすることが分かっている。研究チームは、遺伝子の傷を修復するたんぱく質「WRN」に着目し、食べ物の摂取量との関係を調べた。

  その結果、WRNの量は、1カ月間自由に餌を食べたラット6匹に比べ、摂取カロリーを3割減らしたやせ気味のラット6匹の方が約3倍多いことが分かった。また、長寿に関与するたんぱく質「SIRT1」も約3倍に増えていた。

  一方、ヒトの細胞を使った実験で、SIRT1の働きを抑える薬剤を入れるとWRNの量が減った。適度にカロリー制限するとSIRT1が増え、WRNが失われるのを抑制すると考えられるという。

  瀬藤光利・浜松医科大教授(分子解剖学)は「遺伝子の傷を回復しやすくする仕組みが分かった。若返りの手段を見つける糸口になるかもしれない」と話している。

「毎日.jp」から引用。

適切なダイエットの為のアイテムを紹介






キレート?

デトックスのキレートとはカニのはさみを意味します。

有害なミネラルが体内に入ってくると、脂肪が多いところ、
特に脳、肝臓、子宮、卵巣、そして脂肪に蓄積されます。
それらは代謝やダイエットなどによって脂肪が燃焼されると、血中に溶出されます。ここでデトックスのキレート効果が正常に働くと有害ミネラルを排出できますが、キレートが働かないと再吸収されてしまうことが近年の研究で明らかになってきています。

キレート結合する成分を体内に取り入れることで、対象となる有害ミネラルに対して包み込むように結合し、キレート化合物を形成することができます。
デトックスによりキレート結合された有害ミネラルは尿や便などがら体外に排出すると考えられています。

デトックスは欧米からやって来た考え方で、日本語では毒素排出、解毒などと言われています。

デトックスの働きは体内に溜まった老廃物や身体に悪影響を与える数々の毒素や不純物を取り除くことです。

デトックスのこれらの働きにより、お肌を健全な状態へと導くのです。
デトックスは女性にも優しいサプリメントなのです。

デトックスをご家族みなさまの日頃の健康維持、ダイエットにもお役立て下さい。



デトックスについて・・・続き

デトックスで排出したい有害金属

人体に及ぼす症状と摂取源


☆鉛
脳神経系に悪影響を及ぼす有害金属として知られている 現れやすい症状:頭痛、めまい、興奮、多動児、精神不安定など
 
摂取源:汚染された魚介類、残留農薬、たばこ、鉛管による水道水、排気ガスなど

 
☆スズ
有機スズ化合物として強い毒性を発揮。
細胞の形態や機能に以上を引き起こす。
 
 現れやすい症状:神経伝達傷害、免疫不全、けいれん、精子減など
 
 摂取源:汚染された魚介類&海藻類、殺虫剤、歯の詰め物(アマルガム)など

 
☆カドミウム
 「イタイイタイ病」の原因で有名、神経に作用することも判明
 
 現れやすい症状:嗅覚の喪失、水様鼻汁、嘔吐、腹痛、発熱、むくみなど
 
 摂取源:汚染された魚介類、残留農薬(米)、合成樹脂製品、排気ガスなど


☆水銀
 水俣病の原因として知られる有機水銀は、アレルギー性皮膚炎の原因としても有名
 
 現れやすい症状:歯茎の炎症、視力低下、脱力感、性格変化など
 
 摂取源:汚染された魚介類&飲料水、歯の詰め物、防カビ剤、電池、破損蛍光灯など

 
☆アルミニウム
 アルツハイマー症候群等の精神障害の一因として考えられる
 
 現れやすい症状:吐き気、腹痛、下痢、言語障害、脱力感など
 
 摂取源:汚染された飲料水、調理器具、酸化した土壌、たばこ、アルミ缶など

 
☆ヒ素
 少量でも強い毒性を発揮し、カレー事件や地下水による中毒問題でも有名
 
 現れやすい症状:肌荒れ、しみ、脱力感、嘔吐、手足のしびれ、皮膚炎など
 
 摂取源:汚染された飲料水や魚類、残留農薬、殺虫剤、防腐剤、産業廃棄物など

 
☆ニッケル
 一定量は有用だが、限度を超えると発癌物質となる
 
 現れやすい症状:急性心筋梗塞、急性脳卒中、妊娠中毒など
 
 摂取源:汚染された大豆&そば、工場廃水、水道管材の腐食、メッキの溶出、歯の詰め物など
 
 
☆ベリリウム
 比較的蓄積の危険は少ないが、直接吸引などをした場合は毒性大
 
 現れやすい症状:発疹、皮膚炎、喉荒れ、関節痛など
 
 摂取源:大気汚染や加工工場など



ホワイトニングとはいわゆる美白を目的とする行為のことである。

ホワイトニングは外的環境から皮膚を保護し、メラニン色素の生成を抑えることにより日焼けを起こしにくさせ、また肌の潤いを保つことを目的としている。紫外線や乾燥した空気、温度差、不規則な生活といった外的ストレスによって肌機能が低下すると、肌はダメージを受けやすくなってしまう。このような外的環境から肌を守るために、過剰にメラニンが生成されたり、角質肥厚などがおこる。その結果、肌は、シミそばかすができやすくなるだけでなく、乾燥してくすんでしまう。ホワイトニング化粧品はこのような状態を改善し、ビタミン及びしステインなどのメラニンを分解する成分を配合している。
ハイドロキノンとは、「肌の漂白剤」と言われる程、強力な美白作用を持つことで知られている薬品である。


角質とは、ケラチンというタンパク質からできていて、皮膚の表面の死んだ細胞のようなものである。

角質は、死んだ細胞とは言っても、肌にとって大切な役割がある。例えばこの角質が壁となって外からの刺激から真皮を保護している。他にも体内から水分 が外にでるのを防いでいる。しかし、この角質がたまると透明感がなく、くすんだ感じになってしまう。特に乾燥している冬の間は角質肥厚をひきおこしやす く、カサカサして化粧のノリが悪くなったり、角質が固くなるので化粧品をつけても油分・水分がうまく吸収する事ができず、小ジワができやすく、また毛穴が ふさがれやすいためにニキビもできやすくなってしまう。無理やり削り取ったりして強い刺激を与えるのはなく、ピーリングで優しく取り除くことが望ましい。


メラニンは、皮膚が日光に当たることで生成される色素で、紫外線から細胞や皮膚を守る働きがある。また、メラニンの量で肌の色も決定される。

皮膚に含まれているチロシナーゼという酵素が紫外線を浴びることで活発になり、アミノ酸のチロシンか らメラニンを作り出す。メラニンの役割は紫外線から人体を守ることである。紫外線は皮膚がんの原因になるといわれているが、メラニンはその紫外線を吸収し たり、散乱したりする働きにより、強い紫外線から細胞を守ってくれる。メラニンそのもの色は褐色で、その量によって肌の色も決定する。日光に常に当たって いる人の肌が黒くなるのはこのためである。一時的なメラニンの増殖(いわゆる日焼け)ならば、メラニンは皮膚のターンオーバー(皮膚の新陳代謝)とともに排出されるが、この機能が正常に働かないと、皮膚の色素沈着やシミの原因となる。


ケラチンとは、毛髪や爪、皮膚の角質層を形成するための硫黄を含むたんぱく質の総称である。水分をよく含む繊維状の細長いたんぱく質であり、弾力性に富む。

羊毛や羽毛、角、うろこなどもケラチンである。毛髪や爪は硬ケラチン、皮膚角質層は軟ケラチンという。ケラチンは、紫外線や衝撃など外部刺激から体を守るクッション効果やバリア効果がある。髪のケラチンには、S-S結合という部分があり、パーマネントをかけるときは、S-S結合を薬剤で切断し、ねじれた位置で固定・再結合させる。ケラチンの主成分となるアミノ酸は、L−システインである。育毛にはこのアミノ酸を含む食品をとることも大事。アミノ酸シャンプーとは、ケラチンを強化するアミノ酸成分を配合したものである。


シミとは色素沈着であり、老化現象の一つである。

シミは、紫外線のダメージから肌を守る働きをするメラニン色素の生成と同時にできる活性酸素が、皮膚を酸化させるときに、過剰に生成されたメラニンが表皮ちかくで黒褐色になり、新陳代謝が うまくいかないとき、色素の一部が肌にとどまり、沈着してできる。通常、シミができやすいのは、皮膚の薄い目の下の部分と言われている。これを防ぐには紫 外線対策が一番の課題だが、活性酸素はストレスや偏食・睡眠不足によってもメラニンを増加させ、シミの原因になるので注意が必要である。生活のリズムを整 え、できるだけ紫外線にあたらないように気を配ることが大切。


そばかすとは、皮膚組織の中にある茶褐色のメラニン色素が異常増殖または色素沈着することによって起こる、皮膚障害の一つである。

そばかすの原因は、中波長紫外線(UV -B)や遺伝的要素がある。体表色素が少ない白人のほうが紫外線に弱いため、皮膚を守る意味でそばかすができやすい。皮膚の薄い目の下や紫外線が当りやす い頬の高い場所、夏に日にさらされる胸元や背中といった場所に多くできる。顔ではメイクの落とし残しが原因になることも。そばかす防止には、紫外線対策と 共に、皮膚の新陳代謝をよくし、外からのケアと身体の中からのケアが重要。メラニンの生成や沈着を抑えるビタミンCやE、新陳代謝を促進するビタミンB群を含む食品、サプリメントをとるのもよい。